Excel

ワークシート操作
カーソル移動
範囲選択

キー操作 対応動作
F1 アシスタントまたはヘルプを表示します。Windowsプログラムの多くは同じ動きをします。
F2 カーソルのあるセルが編集可能な状態になります。わざわざダブルクリックする手間が省けキーボードのみで操作できるので、キーボード操作に慣れている人には非常にオススメです。間違ってF1を押してしまうと、かえって遅くなるのが難点と言えば難点です。
F12 名前をつけて保存
Alt + F8 マクロ選択画面を呼び出します。マクロを頻繁に実行する人は重宝すると思います。
Ctrl + Home ワークシートの先頭に移動する。
Ctrl + End データが入力されている範囲の右下隅のセルに移動する。
Ctrl + F 検索ダイアログを表示する。
Alt + E F
Ctrl + H 置換ダイアログを表示する。
Alt + E E
Shift + F4 前回の [検索] コマンドを繰り返す ([次を検索] と同様)。<補足>Shift + F5,?Ctrl + Fで[検索]ダイアログを表示
Alt + O H R 現在のシートの名前を変更する ([書式] - [シート] - [名前の変更] コマンド)。
Alt + E M 現在のシートの移動またはコピーを行う ([編集] - [シートの移動またはコピー] コマンド)。
Alt + E L 現在のシートを削除する ([編集] - [シートの削除] コマンド)。
Ctrl + PageDown ブック内の次のシートに移動。Shiftを押しながら行うと、現在のシートと一緒に選択する。
Ctrl + PageUp ブック内の前のシートに移動。Shiftを押しながら行うと、現在のシートと一緒に選択する。
Shift + F11 ワークシートを挿入する。
Alt + Shift + F1