Excel

EXACT

ヘルプより引用

2つの文字列を比較し、同じものであればTRUE、異なればFALSEを返します。

ごく簡単な例を2つほど。
セルA1と、セルB1の値は等しいので、TRUEを返す。



セルA2と、セルB2は等しくないので、FALSEを返す。



ちょっと応用。
複数の値、全てが一致することを確認する場合はAND関数と組み合わせ、



いずれかが一致することを確認する場合はOR関数と合わせて使います。




おまけ。
一致している数、差異が発生している数を求める例。