『弥勒山の隠者』ゲラルド

東方にある弥勒山で修行し、独自の技を磨いた戦士。
自分の力を試すため山を降り、剣闘士として名を馳せている。
山篭りをしていたため、風貌など若干時代錯誤しており、
人は愛情をこめて彼を「田舎者」と呼ぶ。