『機械人形』Code-3 GS

発勁型と並行して開発されていた機体で、これの完成をもってプロジェクトは解散となる。
このCode-3 GS(God Special)は弐号機の装甲を強化したもので、
その重量のため機動力を犠牲にせざるを得なかったが、
新開発の捕捉装置「神の手」により命中精度を補っている。
残った資財をすべてつぎ込み、最後を飾るにふさわしい作品となった。