エルシェリアの4大賢者

導きの天使の導きにより西の魔王を倒し、そして伝説となった存在。「月と砂時計の紋章」は彼らあるいは彼らの認めた者を示す証であり、世界の闇を照らし、時代を動かすという理念が込められている。

その構成は第1賢者から順に、『知識の集約者』ネイゼル『未来を託されし者』ルコート、『剣聖の雛形』エールオート、『灰光の神秘』R.Strange、『ギルドマスター』ラッツオーリンの5人からなる。
但し、第4賢者であるR.Strangeが公式には大賢者であることを明かしていない為、一般に知られているのは4人のみである。なお、後世の歴史書にはR.Strangeの存在は明記されるものの、一方でラッツオーリンの裏切りが明記され、大賢者から除外されている為、やはり一般には4大賢者として伝わっている。