雑記

単独過半数突破

はい。選挙に行ってまいりました。
投票したのは小選挙区、比例区、共に自民党です。
個人的には公明党以外はどこが政権を握ってもいいと思っていました。
一番、私の興味を引いたのは田中氏の新党日本でしたが、
投票するだけ無駄だろうということで、結局、自民党にしました。

投票を終え家でまったりと時を過ごし・・・
夕食後、ふとテレビを見てみると自民党が凄いことに・・・
まさかここまで圧勝するとは思いませんでした。
やはり党首の印象の差ですかねぇ。

さて、単独過半数を超えこれからどうなるかというと・・・
野党の方々は「独裁政権だ!」「変な法案が通ってしまう!」などと猛反発していましたが、
私は、そんなに害があるとは思えません。
むしろ政策をスムーズに進める準備が出来、良い事のように思えます。
独裁政権にはなるでしょうが、変な法案ばかりを通すなんてありえないでしょう。
そんな事ばかりしていたら政権交代が早まるだけなんですから。
自民党が様々な法案を通したがために、貧富の差は激しくなり、
地方に住む人々が困ることにはなるかもしれません。
しかし、国の存続こそ常に最優先されるべき事項であり、
今、解決すべき問題は国債の処理。強いては経済活性化です。

国は地方の事を考えてくれないのか?
いえいえ大丈夫。考えてはいるはずです。
離島巡回ボランティア団体が結成されることを。