雑記

ディープインパクト

はじめに断っておきますが、映画の事ではありません。競馬の話です。

シンリボリルドルフ以来の無敗の3冠馬となるか!?
と非常に注目を集めているディープインパクト
京都新聞杯もあっさり勝ってしまいました。
ディープが圧倒的な人気を背負って負けるとしたら、
京都新聞杯かジャパンカップと思っていたのですが、
まったく他馬をよせつけずに勝ちました。
菊花賞前にもかかわらず、NHKが思い切った行動に出るだけはあります。
二着は映画タイトルコンビ仲間のシックスセンス
強さの割には人気にならないおいしい馬です。
インティライミの消えた今。世代二番手はこの馬でしょう。
菊花賞も同じ着順になりそうです。

それにしても、金子オーナーは凄いですねぇ。
昨年はキングカメハメハ、今年はディープインパクトと、
二年連続で世代最強クラスの馬を保有しているわけですから、
相当、馬の力を見抜く能力に長けているのでしょう。
砂の衝撃波とも言われているカネヒキリも金子オーナーの馬。
こちらも相変わらず無敗の連勝記録をどんどん更新しています。
芝もダートも制圧して完全に一人勝ちです。いやはや恐れいりました。

それにしても、今年の三歳馬は非常に楽しませてくれます。
今後の古馬混合G1では、是非とも古馬陣を一蹴してほしいものです。
そして、ディープインパクトには、今後も連勝を重ねていって、歴史を塗り替える名馬になってほしいものです。

これだけ盛り上がっていて、ゼンノロブロイに負けたりしたらもう・・・
競馬ファンが一気に離れそうで恐いです。
まぁ、ゼンノロブロイに負けるならまだマシか・・・