雑記

あればあるほど良い?

いや、そうではない。
何の話かと言えば、男性の乳首の話だ。

いったい何のためにあるのだろうか。
女性と異なり、役に立つ場面が思い浮かばない。
いっそなくなってしまえば良いと思うが、
いじられるといい気持ちになるという人も、
少なからずいるようなので、なくなると困るのだろう。

でも2つもいらないのではないだろうか?
私は、乳首が2つあるということは不幸だと思う。

もし、あなたの乳輪が片方だけ大きかったらどう思うだろう。
とても悲しい気持ちになるのではないだろうか。
だが、それだけだとまだマシなのかもしれない。

ある日、乳首を見てみると両方の乳首の色が、
明らかに違っていたりしたらどうだろう。
目の色違いだと少しかっこいいが、
乳首の色違いはすこぶる具合が悪いではないか。

このような悲劇は乳首が2つあるから起こる。
そして、乳首が増えれば増えるほど危険性が増すだろう。
だから男性の乳首は1つであるべきだ。