雑記

7年ぶりの更新

ホームページの更新を再開することにした。
5年以上放置しているにも関わらずアクセス数は横ばいで収益も維持し続けているので、記事を増やせばサーバー代だけでなく光熱費ぐらいなら賄えそうだというのがやる気になった理由。わずかであっても不労所得が増えるのは嬉しい。

なお、これからホームページやブログで所得を増やそうと考えている人は、まず無料のサーバーなりサービスではじめてみた方が良い。やってみれば分かることだが月1000円を達成することさえ容易ではない。多くの場合、出費が増えるだけになってしまうだろう。有料のサーバーに乗り換えるのは、乗り換える必要性が生じたときや、乗り換えることで増収が見込める場合ぐらいにしておいた方が無難だ。出費が増えてしまうことは比較的どうでもよく、サーバー乗り換えの手間が惜しいという人は最初からサーバーに拘った方が良いと思う。

ホームページの更新を再開するにあたって、記事を書くのに邪魔になりそうなものを捨てることにした。

掲示板をなくす。
スパムの対応に追われるのは結構なストレスになるからだ。
数字や文字の入力を必須化するようにすればスパムは著しく減ることが予想され、数年前からそうしようと思いつつも実行に移すことはなかったのでなくしてしまうことにした。意見や感想をもらえなくなるのは痛いが、当面はなしの方向でいく。

開発を請け負わない。
開発を請け負うことで気づくことも多々あり得られるものも多いが消耗も激しい。特にメール対応での消耗が激しかった。
何か良いアイデアが浮かぶか気が変わるかすれば再開することにする。本当は生かしたまま、何か手を加えようと考えていたが行き詰ってそのままになっていた。

文体を統一することを諦める。
時間が空くと、どこでどのように表現していたか忘れる。思い出すのが面倒で、けっきょく何もしないということがあるので思いついたことをそのまま書けるようにしておいた方が良いと判断した。

大きなところではこんなところだろうか。
今後も記事を増やす障害になると感じたものは排除していきたい。
筆者の場合は変なこだわりを捨てていくのが一番だろうなと思った。